▲ページTOPへ

HOME > 野田川ほたるの里を守る会

野田川ほたるの里を守る会

野田ほたるの里は、一人の人間からその里づくりがスタートしました。すぐそばに住む長岡さんです。

以前は同じ時津町左底地区に住まわれていましたが、平成23年に山口地区へ転居してから、近くを流れる野田川にホタルが舞っているのを観て、川の清掃や幼虫の餌となる川ニナの養育に取りかかったのです。

そして、長岡さんの活動に賛同された地元の有志たちが集まり、平成28年7月、守る会が結成されました。

どんな活動をしているのか?

野田川ほたるの里を守る会の活動は、年に1回、子供会の協力を得て野田川の清掃を行っています。また、長岡さんを中心にほたるの幼虫が好む川ニナの養育にも取り組んでいます。さらに、幼虫が越冬できるような周辺の環境づくりにも取り組んでいます。

新たな活動-ほたるが舞う時期にイベントなどを開催

野田川のほたるは、毎年5月初旬頃から舞い始めます。野田ほたるの里を、訪れる方が多くなるこの時期に合わせ、新しい活動も含め、継続して取り組んでいます。
無料臨時駐車場の提供
当ホームページから、ほたる飛翔情報の提供
観賞会や飛翔時期におけるウィークイベントの開催

などを行なっています。

2018年より守る会では、新たに「野田ほたるの里 ウィーク」を設け、イベントを開催しています。訪れる方たちへ『来てよかった』といっていただけるよう、より多くのホタルが舞うための環境整備はもちろん、臨時駐車場の回りに、竹で製作したあんどんを複数並べ、幻想的な雰囲気を醸し出すような演出をしています。


▼切り出した竹を加工して、あんどんを製作しています。
▼臨時駐車場に、みなさんがくつろげるようベンチを6脚製作しました。
▼テーブルも製作しました。いずれも下野田地区在住の田端さんが製作されました。
▼長岡さん宅 臨時駐車場へベンチとテーブルを設置
▼実際にあんどんを並べた現地の様子です
▼竹あんどんは幻想的な光を放ってくれます
▼この竹あんどんの先に野田川のほたるたちが乱舞します。

野田川ほたるの里を守る会

名 称 野田川ほたるの里を守る会
所在地 長崎県西彼杵郡時津町野田郷1145-4
設 立 平成28年7月
会 長 長岡 敏範
活動内容 1.野田川の清掃
2.川ニナの養育
3.ほたるの里周辺の整備
4.ホタルが舞う時期のイベント開催など
HP URL http://hotarunosato.noda-hello.com/

ページトップへ